【駅弁紹介】”函館海鮮うに弁当”を食べてみた

駅弁好きによる駅弁の紹介

名前:函館海鮮うに弁当

系統:海鮮系

購入金額:1,380円

購入駅:東京駅

その他購入可能な駅:新青森駅、青森駅、八戸駅、盛岡駅、仙台駅、大宮駅、上野駅、新宿駅

【外装】

外装には、弁当の中身と函館市街の観光地の写真がプリントされています。

やはり一番目立つのは、その名前にもなっている『うに』。同時に『いくら』も主張が強いですね。

ここまで“函館”推しにもかかわらず、駅弁を売っているのは東北や関東なので、少し変な感じがします(笑)

【外装2】

表紙を取ったらこんな感じ。素材は紙でできているものの、表面にはうっすらと市松模様があり、やや高級感がありますね。

【中身】

中身はこんな感じ。

下にはご飯が敷き詰められていて、具材は以下の通り。

  • 蒸しウニ
  • イクラ
  • 野沢菜
  • 卵焼き
  • 生姜の甘酢漬け(ガリ)

メインの蒸しウニはぽろぽろとしており、味が薄めでクセが少ないので、むしろウニが苦手な人でも食べやすい味かもしれません。

また通常、駅弁に乗っているイクラは“べちゃっ”と潰れがちなものが多いですが、しっかりと「プチッ」という食感が残っていたのはうれしい限りですね。

写真を見ても良い感じにツヤがあり、イクラ自体にハリがあることが伝わってきます。

野沢菜や卵焼き、生姜の甘酢漬け(ガリ)は、これまで控えめだったメインの蒸しウニとは対照的に、濃い味付けになっていて、ごはんが進みます。

スポンサーリンク

まとめ

一言:海鮮系の駅弁でありながらクセが少なく、万人ウケしそうな駅弁です。常温(もしくは、やや冷たい状態)で食べるのがおいしい気がします。

おすすめ度(0~10):7.5

≪≪次の記事  前の記事≫≫